プログラミング言語Swiftとは?独学でアプリは開発できる?

http://yugaswiftly.com/wp-content/uploads/2018/12/busi.png
Swiftを独学しようか迷う人

「Swiftってどんなプログラミング言語なの?」

「プログラミング言語の中では簡単って聞くけどホント?」

「独学で勉強することは出来る?」

この記事では、こういった疑問に答えていきます。

Swiftは、「iPhoneのアプリが作れるプログラミング言語」と認識している方も多いですよね。

自分でもアプリが開発できたら、とても格好いい!そう思って学習し始める方も多いはずです。

特に、Swiftはプログラミング言語の中では簡単に習得できて、初心者に優しい言語であると言われています。

実は、僕自身2018年5月〜8月くらいまでの3ヶ月間、Swiftを使ってサービスを開発しようと思い、勉強していました。(まぁ紆余曲折あって今はWebライターをしていますが・・・)

その結果、もともと、プログラミングを触ったことがなかった僕でも、3ヶ月で簡単にSNSを作れるまでになったんです!

そこで、今回は、これからSwiftを始めようとしている方に向けて、Swiftを勉強していた僕が、Swiftはどんな言語なのか、独学でどうやって勉強したのかなどについて、ご紹介していきます!

Swiftとは?

SwiftはAppleによって2014年に開発されたプログラミング言語です。

それまでiOSのアプリ開発には、「Objective-C」という言語が使われていました。しかし、この言語は独特な構文や特徴を持っていたために、開発の敷居が高く、初心者が使うには難しい言語でもあったのです。

こういった理由から、Swiftは 「より広範的に世界の人々に使って欲しい」という願いを込めて作られました。

僕自身はiOSのアプリ開発しかしたことはありませんが、Swiftで開発出来るのは、iPhoneやMacなどのApple製品はもちろん、Webアプリケーションの開発まですることが出来ます。

Swiftは汎用性の高いプログラミング言語として、今後ますます需要が増していく言語であるとも言われています。

Swiftの特徴

Swiftの特徴としては、Appleが発表したものとして以下の4つがSwiftの特徴として挙げられています。

  1. Modern(現代的)
  2. Fast(迅速)
  3. Interactive(相互的)
  4. Safe(安定性)

「現代的」コードが書きやすく読みやすい

Swiftは現代的なプログラミング言語であることを目指して作られました。

現代的と言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、一言で言うと「コードが書きやすくて読みやすい」ことを指しています。

なぜ「現代的」=「書きやすく読みやすい」となるのかわからない方も多いですよね。では、現代的ではないと、どうなるのかを考えてみましょう。

「現代的」の対義語は、「古典的」です。

古い言語(例えばC、Java)は、昔に作られた言語なので、新しい言語よりも無駄に記述しなければならないところが多く、非常に習得が難しいと言われています。

一方で、Swiftは、こういった古い言語の悪しき部分を取り除き、それぞれの言語のいい特徴だけを取り入れて、よりわかりやすく学習しやすいように工夫されているのです。

こういった理由から、Swiftは現代的であると言われているのです。

「迅速」処理速度も非常に速い

Swiftは、処理速度も他の言語より遥かに速いことでも知られています。

これまでの言語より処理速度が大幅に高速化しており、Objective-Cよりも最大2.6倍、Pythonよりも最大で8.4倍の速度で処理することができます。

「相互的」Playgroundsでデバックが簡単に出来る

Swiftでは「Playgrounds」と呼ばれるコードの結果をアプリケーションの実行を行わなくても確認することが出来る機能が付帯しています。

これまで、C言語やJavaなどで開発を行う場合は、コードの追加や修正によって動作がどう変化するのかを、実際にシステムやアプリケーションで実行することによって確認する必要がありました。

Swiftの前身である、Objective-Cもそうしなければならなかったのです。

しかし、Playgroundを使えばこういったことがアプリケーションを実行することなく行えるので、面倒な手間がかからなくて済み、結果的に時間を短縮することに繋がります。

「安定性」エラーを厳しく指摘してくれる

Swiftはとにかく厳しくエラーを返してくれます。

初心者の方は、「逆に面倒くさいんじゃないの?」 と思うかもしれません。

しかし、細かくコードを間違いを指摘してくれることで、安定してアプリやシステムを開発することができます。

エラーを細かく返してくれない言語だと、実行した時に不具合が生じてしまい、アプリがクラッシュしてしまう原因にもなります。

特に、アプリが開発されたあとにこういった致命的なバグが見つかってしまうと、サービス自体に大きな損失を及ぼしてしまう危険性もあるのです。

このように、プログラマーのミスを事前に防ぐために、Swiftはエラーを厳しく返してくれるよう設計されているのです。

Swiftの開発環境導入方法

では、Swiftがどんな言語か分かったところで、早速開発環境を実装してみましょう。Swiftの場合は、

  1. MacAppStoreからXcodeと呼ばれる開発環境をダウンロード。
  2. Xcodeを起動して、「Get started with a playground」を選択。

これでPlaygroundが起動したら、導入はとりあえず完了です。

試しに「print(“Hello,world”)」と入力してみましょう。

下のデバッガーのところに「Hello,world」と表示されれば問題ありません。

Swiftは独学で勉強出来る?

「Swiftは独学で勉強出来るのか?」

プログラミング初心者の方は、こういった疑問を持ちがちですよね。

同じくプログラミングを全くやったことが無かった私も、最初は自分1人で勉強することが出来るのか不安に思っていました。

3ヶ月Swiftを勉強して、アプリをいくつか開発した私の経験から言うと、Swiftは「ある程度までは」独学で学習することが可能です。

ただ、基礎的なことが身について、応用的な自分のアプリを作ろうとしたところからが問題でした。

僕は結局自分の作りたいアプリは作れませんでした。

自分のアプリを作ろうとしたところで頓挫した

僕の場合、「大学生向けのノートシェアリングSNS」を開発することが目標でした。

何も分からなかったので、まず初歩的な入門書で文法などについて学んでいき、すぐに応用のチュートリアルをネットで拾ってきてひたすらサンプルを作り続けました。

その結果2ヶ月ほどで、ようやくInstagramのクローンが作れるようになり、

「これで自分の作りたかったSNSが作れるぞ!」

と意気込んで、作りはじめたところでつまづいてしまったのです。

やはり応用的な機能を追加しようとすると、うまく作動しなかったり、思ったような機能が作れなかったりします。

私の場合、周りに質問出来る人がいなかったので、「スタック・オーバーフロー」「teratail」などのネットの質問サイトで聞きまくりました。

しかし、1回1回サイトで質問しても、返ってくる回答はまばらですし、時間がかかってしまいますし、全然解決しないものもあります。

いくら自分で考えても分からない、しかし聞く人がいないので考えるしかない、治らない、この繰り返しをしてしまい、結局開発するモチベーションを失ってしまったのです。

そのため、これからプログラミングを学習しようとしている人には、質問できる人が近くにいる状態で学習することをおすすめしたいです。

こうすることで、無駄に時間がかかるのを防げますし、何より気持ちよく開発することができるからです。

「MENTA」などのメンターサービスを使ったりするのもアリですが、メンターはなかなか見つけづらいのが現実です。

より効率的にプログラミングを学ぶなら、プログラミングスクールに入って学習するのも、おすすめです。

TechAcademy [テックアカデミー]なら、「完全オンライン」で学ぶことができるので、通学の必要がなく、時間が無い人でも学ぶことが出来るため、とてもおすすめです。

>>Tech AcademyのiPhoneアプリケーションコースを見てみる

独学でSwiftを学んで作ったアプリケーション

ここでは、僕が3ヶ月の独学で作ったアプリを紹介します。僕自身、要領があまり良くない方ですが、簡単にSNSくらいは作れるようになりました。

これから学習する人は是非参考にしてみてください。

Swiftの学習に使った本とWebサイト

 絶対に挫折しないiphoneアプリ開発「超」入門 増補第6版【swift 4 & ios 11】完全対応


絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 増補第6版【Swift 4 & iOS 11】完全対応 (Informatics&IDEA)

この本は、どんな入門本よりも1番分かりやすいです!Amazonでの評価もさることながら、実際に読みながら作業してみると、とっても優しくゼロから詳しい知識を教えてくれるので、とてもおすすめです。

特にプログラミングをやったことがなくて、初めてSwiftにチャレンジする人には、とにかく向いている本なので、ぜひ購入してみてください。

詳解 Swift 第4版


詳解 Swift 第4版

より詳しくコードや文法について学びたい人におすすめです。僕は後半の開発で使っていましたが、浅い知識をより深いところの理解に繋げてくれるので非常に役立ちます。

Udemy

Udemy は有料動画学習サービスで、動画を見ながらコードの書き方を学習することができます。

本で勉強するよりも、動画で見た方がはるかに分かりやすいですし、Swiftに関しては、初心者向けに複数のチュートリアルがセットになっている講座もたくさんあります。

「本やサイトを見て、ゆっくり進んでいきたい!」

という方よりも、

「実際に作っているところを見ながら、実践的に学習したい!」

という方にUdemyはとてもおすすめです。

>>【6日で速習】iOS 11 Swift 4アプリ開発入門決定版 20個のアプリを作る

上のコースは、僕がアプリ学習をする上で非常に役に立った学習コースです。

基礎学習が済んだ方は、是非とも挑戦してみてください。

YouTube

https://www.youtube.com/

YouTubeと聞いて意外に思うかもしれませんが、YouTube上には無料でSwiftの講座を上げている開発者が何人もいます。

残念ながら、日本人の開発者の動画は少ないので、あまり参考になりません。

しかし、海外の開発者達が、Swiftのアプリ開発動画をいくつも上げているので、英語の字幕を見ながらであれば十分に学ぶことが可能です。

まとめ

今回は、プログラミング言語Swiftとはどんな言語なのかについて、また独学でアプリは開発できるのかについて実体験を交えてご紹介してきました。

個人的にRubyも触ったことがあるのですが、やはりSwiftの方が簡単に感じますし、何より実機で自分の作ったアプリが動いた時の感動は何にも代え難いものがあります。

この記事がこれから開発していく方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です