【現役ライターは語る】大学生でWebライターなんて絶対やめとけ!

https://yugaswiftly.com/wp-content/uploads/2019/03/いらすとや-PC.png
大学生

「大学生だけどバイト行きたくない・・・Webライターって稼げるのかな?」

「大学生からWebライターを始めるには?」

「実際に大学生でWebライターやってた人の話が聞きたいな!」

この記事はこういった疑問に答えます。

バイトに行くのがとにかく嫌だ。PCでお金が稼げればいいな・・・と考えている大学生はいませんか。

実は僕自身も大学時代にそういった悩みを抱えるうちの1人でした。

結論からいうと、Webライターは大学生からでも全然なることができますし、正直バイトよりも稼げてしまう人も多いです。

確かにメリットも多く、一部の人にはおすすめなのですが、個人的にはやめといた方がいい人の方が多いなあとも思っています。

そこで今回は、現役Webライターとして月30万円ほど稼いでいる僕が大学生にWebライターをあまりおすすめしない理由について解説していきます。

Webライターになりたい!という人も一度この記事を読んでみてから、なるかどうか決めてみてくださいね!

Q.大学生でWebライターってなれるの?

冒頭でも述べたように、大学生からWebライターになることは十分に可能です。

Webライターという職業は仕事をするために何か特別な資格がある訳ではなく、仕事を獲得できれば、その時点からWebライターになることができます。

僕自身は大学3年生の時に田舎フリーランス養成講座(現ワークキャリア)という講座を15万円くらいで受講して、Webライターとしてのキャリアをスタートさせました。

その後仕事を続けていった結果、バイトに行かずしても大学生として授業いきながら結構なお金は稼げていたので、大学3、4年の時は学生ライフをエンジョイしてましたね。

大学生のWebライターはバイトより稼げるのか?

結論:めっちゃ稼げる

結論からいうと、Webライターはやり方によってはめちゃお金を稼ぐことができます(大変だけど)。

僕自身大学3年生の時は、バイトでお金を稼ぐ必要は全くなかったですし、気づいたら半年間で120万円くらい貯金できていました。

まあ今そのお金は全て使い切ってしまったわけですが。

僕の2018年8月~2019年3月の収益グラフ

ではここで僕の2018年8月からのリアルな収益グラフを見てみましょう。

収益としては初月で10万円、その次の月に15万円、3ヶ月後に20万円を達成しました。

この時は3年生だったので、普通に週3回大学に通いながらお仕事できていたことになります。

その後も1回は落ち込んだものの、春休みに全ての日程を使ってガチでお仕事した結果、なんと30万円以上も稼ぐことができてしまったのです。

とはいっても、この時期はLancersで低単価の案件ばかりを受注しては、ひたすらライティングするという作業方法だったので、1日13時間くらい働いた結果です笑

今はもっとゆっくり稼げるように、しっかり法人のクライアントと大きな金額でお仕事できるように工夫して仕事しています。

このように、大学生であってもWebライターとしてお金を稼ぐことは十分に可能なのです。

https://yugaswiftly.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_0195.jpg
ゆーが

大学生でWebライターになるメリットはお金を稼げるだけじゃないんですよね。

大学生でWebライターになるメリット

メリット① バイトに行く必要がない

みなさんバイトに行くのは好きですか?

バイト先のメンバーで終わった後に飲みにいったり、一緒に旅行に行ったり、彼女や彼氏ができたり、チームで働けたりするのは大学生活の醍醐味ですよね。

僕もバイトは別に嫌いではなかったですし、先輩や店長にたくさん奢ってもらったりしてそこそこ楽しかったです。

ただ基本的にバイト先に行かないと働くことができないので、授業終わりや休日にバイト先に「出勤」しなくてはなりません。

しかし、Webライターとして仕事する場合は、PCとWi-Fiさえあれば他に何もいらないので、スタバでも学校でもお金を稼ぐことができます。

実際に僕は大学の近くのカフェや自習室でいつも仕事をしていました。

ずっと家にいながら働きたい!という学生の方には、とってもおすすめです。

メリット② 授業の合間に稼げる

大学生の方は、履修の仕方によっては授業の間がめちゃくちゃ空いてしまうことも少なくないですよね。

場合によっては、3~4時間ほど空いてしまうこともあるでしょう。

そんな時にもお金を稼げてしまうのがWebライター。

授業と授業の間のいつも暇してた時間にWebライターとして仕事ができるため、無駄な時間を使うことが無くなります。

無駄にしてしまいがちな授業の合間にも、お金を稼ぐことができるため、非常にコスパがいいというのが大きなメリットです。

メリット③ 給与以外のお金のもらい方を知れる

バイトや派遣は時給で働いているので、沢山お金を稼ごうと思ったら時間が必要になってしまいます。

その点Webライターは納品すればお金が発生するため、記事を書けば書くほどお金を稼げてしまうという利点も。

またWebライターとしてお金を稼ぐ場合、給与という形ではなく報酬という形でお金をもらうことになります。

給与の場合は、自分が提供した労働力(時間)の対価としてお金をもらっていましたが、報酬の場合は自分の納品した成果物に対する対価としてお金をもらいます。

自分がした仕事に対しての価値としてお金がもらえるという経験は、非常に貴重な経験になること間違いありません。

メリット④ 確定申告を経験出来る

Webライターとして稼いだお金は、給与ではなく税務処理上は雑所得としてカウントされてしまいます。

そのため年間38万円以上を稼いでしまった場合、確定申告をしなければならないという決まりがあります。

将来独立する予定がない!という方は別に問題ありませんが、独立を考えている方はいつか確定申告をして国に税金を納めなければなりません。

確定申告は自分がもらうお金に対して、どう税金がかかっているのかを学ぶ非常に良い機会なので、学生のうちに経験できるのは非常に大きなメリットでもあると言えるでしょう。

メリット⑤ ビジネスマナーが身につく

Webライターとして仕事をする場合は、相手が社会人であることが大半なので、ビジネスマナーに則ったコミュニケーションをとる必要があります。

バイトをしていても接客の時に敬語を学ぶことはありますが、実際にビジネスで使える言葉遣いは大きく異なります。

ビジネスマナーが身につくと、就活でOB訪問に行ったり、ESを書く際にも活きてくるため、マナーを身につけたい大学生にはおすすめです。

大学生がWebライターになる方法は?【3STEP】

大学生がWebライターになるためにやるべきことは、以下の3ステップだけです。

  1. クラウドソーシングに登録する
  2. 案件に応募する
  3. 記事を執筆して納品する

まずはLancersかクラウドワークスのどちらかに登録して、プロフィールを充実させます。

次に募集されている案件に応募して、案件を獲得していきます。

案件に応募する際には、依頼者の気持ちを汲み取って、相手にメリットがあると思われるような提案文を書いて送ります。

案件が取れたら、テーマ通りに記事を執筆して納品すれば、報酬をもらうことが可能です。

基本的に上記3ステップを実践すれば、絶対に仕事は取れるようになります。

Webライターとして仕事を取る方法は、下記の記事で詳しく解説しているため、知りたい方はぜひ目を通してみてください。

内部リンク

https://yugaswiftly.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_0195.jpg
ゆーが

大学生Webライターのなり方もめちゃ単純なんです!

しかしこれだけのメリットがあっても、僕は大学生からWebライターとして仕事をすることを一部の人におすすめしません。

僕が大学生にWebライターをおすすめしない理由

多数のメリットがあり、僕自身も非常に多くの恩恵を受けた大学生をやりながらWebライターとして仕事をする方法。

もちろん勧めてあげたい方はかなり多いのですが、Webライターとして一通り仕事を下からこそ「やめとけ」と言いたいです。

では具体的になぜWebライターをおすすめしていないのでしょうか。

理由① 合わない人もいる

僕自身Webライターの講師として教える側に回ることも多いですが、正直Webライターに向いていない人もかなりいます。

Webライターに向いていない人の特徴としては、下記の3つがあげられます。

  1. 記事を書くのが極端に遅い
  2. 書くことが好きではない
  3. チームで働いた方が楽しい

まず書くこと自体があまり得意ではない、好きではない方にとってはWebライターは合わないでしょう。

特に最初のうちは、Webライターとして記事を書くことに慣れておらず、記事の単価もかなり低いため、稼げるようになるまで時間がかかります。

また慣れていない、好きではないことをずっと続けていても、辛いだけなので全く続きません。

もともとチームで働くことに向いている人や、他人と仕事をした方が力を発揮できる人にとっては、一人でひたすら黙々と仕事をするWebライターはあまり向いていません。

Webライターが合わないのにも関わらず、稼げるからリモートで仕事できるからという理由だけ仕事をするのは絶対にやめるべきです。

理由② 暇な時間がなくなる

Webライターとして仕事をすることのデメリットは、自分のプライベートの時間と仕事の時間の境目が全くなくなってしまうという点です。

記事を書いて納品することが仕事であるため、Webライターという仕事には必ず納期に追われる事になります。

時間を有効に使う事ができるということは、逆にいうと1秒も暇だなーという時間がなくなりました。

一人でPCに向かいながらずっと仕事をしていたい人にとっては、Webライターの仕事は苦ではないかもしれません。

しかし「自分のプライベートな時間もしっかり取りたい!」「メリハリのある生活をしたい!」と考えている方には全くおすすめすることができません。

実際僕自身もWebライターを始めてから、計画的に予定が立てにくくなってしまいました。

自由な時間を大事にしたい人は、特に最初のうちは仕事に追われることになってしまうため、あまりおすすめできません。

理由③ 低スキルで稼げすぎてしまう

Webライターの仕事はやればやるだけ稼げてしまいますが、スキル自体は非常にチープであるというデメリットがあります。

SEOライティングの基礎を抑えて、2~3回くらい仕事をこなせば誰でもできてしまうため、特別なスキルが必要な訳ではありません。

そのため仕事自体が価格割れを起こしてしまい、今やWebライターと名乗っている人の数は信じられないほど多いのが現状です。

代替可能で市場価値の低いスキルで稼ぎ続けていても、いざという時にクビを切られやすく重宝されません。

オリジナリティのあるライターとして仕事を獲得していくには、それなりの時間がかかるため、なかなか安定して稼ぎにくいのが難点です。

理由④ バイトしてる人を舐める

大学生のうちにWebライターとして稼ぎすぎてしまうと、自宅でバイト代くらいは余裕で稼げるようになります。

そのうちにバイトしている友達のことを舐めたりする人も出てきてしまうでしょう。

低スキルなWebライティングで稼いだとしても、それは割のいいバイトくらいの価値でしかありません。

結果的に友人関係にヒビが入ってしまうこともあるため、稼ぎすぎて働いている人をバカにするような人にならないようにしましょう。

理由⑤  大学生のうちにもっと他にやるべきことはある

僕もそうですが、出来る限り多くのお金を稼ぎたい!自分の限界に挑戦したい!という方はWebライターとして際限なくお金を稼ぐことに没頭してしまいます。

ただWebライター自体は、やっていてもお金は稼げますが、出来ることの幅は広がりません。

Web上で記事を書き続けるよりも、ベンチャーでインターンしてみたり、プログラミングにチャレンジしてみたり、友達と起業したり、もっと挑戦できることは沢山あります。

僕は上記にあげた全てを挑戦してみてから、Webライターを選んだので特に何も悔いはありません。

ただ最初からWebライターだけに選択肢を絞ってしまうのは、すごく勿体無いことであるため、もっと広い視野で挑戦できることを探す方がおすすめです。

【それでも稼ぎたい大学生は?】時間があるならWebライター<Web制作がおすすめです

ここまでおすすめしない理由を紹介しましたが「それでもバイト以外で稼ぎたい!」という大学生も多いはず。

そんな大学生に僕がおすすめしたいのがWebサイト制作です。

Webサイト制作なら、市場価値の高いスキルを身に着けることができますし、1本20~30万円単位で案件がもらえることも少なくありません。

Webサイト制作は、基本的に以下のようなスキルが必要になります。

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript/jQuery
  3. WordPress
  4. PHP
  5. Adobe XD
  6. Photoshop
  7. illustrator

スキルを磨けば磨くほど、価格帯の高い案件をこなしていけるようになるため、仕事自体の単価の伸び代が大きいのも特徴的です。

またWebライターよりも将来性があるのも大きなポイントです。

Web制作を学んでおくと、RubyやJava、PHPといったサーバーサイド言語を利用してWeb開発に進むこともできます。

すると就活の時に、ITエンジニアとして評価されやすくなり、新卒から高年収でオファーがくることも。

さらにWebサービス開発まで進むことができれば、プロダクトを作って起業するなんてことも可能です。

将来的な伸び代まで考えると、沢山学べる時間があるうちにWeb制作を学んでおいた方がお得にキャリアアップできます。

時間がある方はぜひWeb制作にチャレンジしてみましょう。

大学生という時間を有効に使えるように考えよう!

今回は現役Webライターの僕が大学生にWebライターをおすすめしない理由について具体的に解説してきました。

確かにWebライターには様々なメリットがあり、大学生にとって働きやすくお金を稼ぎやすい業種でもあると言えます。

しかし将来性を考えるとどうでしょうか。

大学生という時間は非常に有益であるため、何をするのかで将来のキャリアにも大きく影響が出てきてしまいます。

最初からWebライターにキャリアを限定してしまうのではなく、もっと俯瞰して自分が何をやりたいのか見つめる時間が重要です。

大学生という時間を有効に使えるように、もう一度Webライターとしてお金を稼ぐのが正解か考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です